ブログ(トレンド&インサイト)

グローバル・リセット:2021年 サイバー・セキュリティ動向予測

多くの人にとって、2020年は最近の記憶の中で最も困難な一年となりました。私生活では大きな変化に対処し、職場でも様々な壁を乗り越えることを余儀なくされました。

年の瀬が迫った今、ファイア・アイでは過去12ヶ月間を振り返り、2021年に続くであろうサイバー・セキュリティの新しく、進化するトレンドをいくつか特定しました。これらのトレンドについては、「グローバル・リセット:サイバー・セキュリティ予測2021」レポートの中で詳しく説明しています。具体的には、次のトピックについて解説しています。

  • リモートワークやその他、新型コロナウイルス感染症による影響:世界的なパンデミックで、仕事のやり方が変わり、またワクチンの開発と配布に向けて競争が進む中、新たな脅威が台頭しています。
  • 継続的に増加するランサムウェア:ランサムウェア攻撃はこれまでになく複雑かつ壊滅的になっています。身代金の要求額は100万ドルを超え、事態は悪化の一途をたどっています。
  • エスピオナージが引き続き国家支援型の活動を牽引:中国やロシアなどの主要国がエスピオナージ(スパイ)活動を継続、またそれ以外の国も同様の活動を行うと予想されます。
  • 脚光を浴びるクラウド・セキュリティ:クラウドへの大規模な移行を行った企業は、クラウド・セキュリティに注力するとともに、クラウド・プロバイダーとの関係を理解する必要があります。
  • セキュリティの有効性と予算を継続的に検証:働き方が急速に変化する中、企業は最適化と予算削減のため、セキュリティの有効性を検証するようになります。

本レポートは、Mandiant Threat Intelligence の EVP である Sandra Joyce 、戦略担当バイスプレジデントのEarl Matthews、CIO のDave Baumgartner、クラウド担当 CTOのMartin Holste、インテリジェンス分析担当シニアディレクター John Hultquistなど、FireEye と Mandiant の専門家が執筆を担当しています。

なお、12月8日(火)に開催される「FireEye Cyber Summit 2020 - Defending a Connected World」のセッションの中でも、レポートの詳細について紹介する予定です。是非イベントサイトよりご登録ください。
 

本ブログは機械翻訳(MT)を使用して翻訳しています。原文と翻訳版の意味、文言が異なる場合は原文を有効とします。

原文:November 12, 2020「A Global Reset: Cyber Security Predictions 2021